シミウスジェルの口コミと実際の効果のギャップを公開!

シミは市販薬で消える?

2017年05月16日 05時40分

シミは薬局やドラッグストアで売っている市販薬で消えるのでしょうか?

 

シミウスジェルを使う前に調べてみたのでまとめてみました!

シミを消す成分は?

薬局などで売られている市販薬は様々な種類がありますが、成分で着目してみました。

 

・ビタミンC

ビタミンCは美肌効果が大きい成分です。

メラニンの発生を抑えることができ、さらに分解までしてくれる重要成分です。

 

・ビタミンE

ビタミンEはターンオーバーを促進してくれる成分です。

ターンオーバーが正常にいくと、シミがない綺麗な肌が出てきてくれるため、とても重要な成分の一つです。

 

・ビタミンB

肌荒れを予防してくれて、さらに皮脂の分泌を抑えてくれるので、肌環境を正常に保つ働きがあります。

 

シミを消す市販薬は?

これらの成分を多く含む市販薬が効果があると考えました。

ここでは3つ紹介しようと思います。

シミは薬局やドラッグストアで売っている市販薬で消えるのでしょうか?

 

新エバユースEC

飲み薬ですが、下のような成分構成になっています。

ビタミンC:2000mg

ビタミンE:300mg

ビタミンB:15mg

ビタミンCが豊富に含まれていて、ビタミンEもトップクラスに多い含有量です。

あまり有名ではないかもしれませんが、飲み薬としては成分構成は非常にいいのではないかと思っています。

 

ミルセリンホワイトNKB

こちらも飲み薬です。

成分構成はこうです。

 

ビタミンC:1000mg

ビタミンE:30mg

ビタミンB:12mg

こちらの成分もビタミンCなどが豊富で良い構成になっていると思いますが、先に紹介した新エバユースECよりは少ない含有量になっています。

シミは薬局やドラッグストアで売っている市販薬で消えるのでしょうか?

 

チョコラBBルーセントC

有名な製品ですが、成分構成はとてもいいと思います。

 

ビタミンC:600mg

ビタミンE:100mg

ビタミンB:20mg

 

特徴的なのはビタミンBが多く入っているところです。

肌荒れなどに効果的なので、シミプラスニキビなどにもよく効きそうです。

シミは薬局やドラッグストアで売っている市販薬で消えるのでしょうか?

 

ただし、飲むだけで消えるとは考え難い

ここまで、シミを消す成分がしっかり入っている市販薬を紹介してきました。

ただ、これはサポート的な役割が大きいと思っています。

飲んだ成分でターンオーバーやメラニン生成を抑えてくれれば、確かにシミにはいい影響を与えてくれるはずです。

しかし、それだけシミを消そうとすると、少し難しいかもしれません。

可能であっても時間がかかってしまうと思います。

これにプラスして、患部に直接働きかけるシミウスジェルなどのケア用品を使うと、非常に効率的にシミを消すことができるのではないでしょうか。

シミウスジェルの口コミと実際の体験結果を見る